歯科就職・転職、攻略法!

歯科就職・転職、攻略法!

【歯科医師向け】
Q1:研修医あけで就職を探しています。仕事先はたくさんありますか?
Q2:歯科医師(勤務医)の収入はどれくらいですか?
Q3:歯科医師の労働時間はどれくらいですか?
Q4:歯科医師の求人を見ているといつも同じ歯科医院が出ています。何か問題があるのでしょうか?
Q5:研修医あけでどんな所に就職すればいいか迷っています。
Q6:歯科医師の再就職は、何歳くらいから厳しくなりますか?
Q7:インプラントを覚えられる所に転職したいのですが。
Q8:どんな歯科医師が医院側から求められているのでしょうか?
Q9:よく求人が出ている歯科医院(医療法人)は、よくないのですか?
Q10:患者数がどれくらいの医院に就職するのがベストでしょう。
Q11:どんな歯科医師が求められますか?
Q12:面接に大切な事はなんですか?
Q13:訪問診療の就職先はありますか?
Q14:年齢はいくつくらいまで就職がありますか?


【歯科衛生士向け】
Q1:歯科衛生士にどうやったらなれますか?【学生・新卒】
Q2:衛生士になったらどんな仕事をするのですか?【学生・新卒】
Q3:衛生士のお給与はどれくらい?
Q4:衛生士の労働時間や待遇はどうなのですか?
Q5:衛生士学校の学生なのですが、歯科医院の見学はできますか?【学生・新卒】
Q6:求人にセミナーや講習補助と書かれていますが、それは本当に参加できるのですか?
Q7:衛生士の就職先はどんな所がありますか?
Q8:就職する時に、個人の歯科医院と大手の医療法人の違いを教えて下さい。
Q9:どうしたら良い就職ができますか?
Q10:歯科衛生士の採用の条件はどんな事ですか?
Q11:ブランクがある歯科衛生士です。就職できるでしょうか?
Q12:衛生士の就活中なのですが、履歴書に自己PRや志望動機などは書いた方がいいですか?
Q13:待遇(昇給・残業・福利厚生)の良い就職先はどんなところでしょうか?
Q14:子供がいて数日しか働けないのですが就職はありますか?
Q15:失敗しない就職は、どうすればいいでしょうか?


【歯科技工士向け】
Q1:歯科技工士ってどうしたらなれますか。【学生】
Q2:歯科技工士の就職先には、どんな所がありますか。【新卒】
Q3:歯科技工所の特徴を教えてください。(就職)【新卒】
Q4:歯科医院(院内ラボ・併設技工所)の特徴を教えてください。(就職)【新卒】
Q5:歯科材料店、メーカー、他歯科関連会社の特徴を教えて下さい。(就職)【新卒】
Q6:歯科技工所に就職する時の、メリット、デメリットを教えて下さい。
Q7:歯科医院(院内ラボ・併設ラボ)のメリット、デメリットを教えてください。
Q8:開業したいのですが、卒業してすぐにできますか?
Q9:どのくらいで歯科技工所を開業できますか?
Q10:歯科技工士の給与はどれくらいですか。
Q11:どうしたら良い就職ができますか。
Q12:歯科技工士はいくつ(何歳)くらいまで転職が可能ですか?
Q13:何故、年齢が高いと再就職が難しいのですか?


【歯科助手向け】
Q1:歯科助手にはどうやってなるのですか?
Q2:歯科助手に資格はいるのですか?
Q3:歯科助手のお給与はどれくらいですか?
Q4:歯科助手は、どんな仕事をするのですか?
Q5:歯科助手の採用基準は何ですか?
Q6:歯科助手で働きたいのですが、なかなか採用されません。
Q7:歯科助手では何歳くらいまで働けますか?
Q8:歯科助手になりたいのですが、就職状況はどうですか?
Q9:面接の時の服装はどんな物が良いでしょうか?
Q10:面接で大切な事はどんな事ですか?
Q11:歯科助手の通信教育を受けていた方が、就職に有利ですか?


【求職者全般】
Q1:面接を受ける時に大切な事は?
Q2:求人が出ていない歯科医院(技工所)で興味がある所があります。相談にのってくれますか?
Q3:いくつか見学をしてから面接をしたいのですが可能ですか?


歯科医師向け

Q:研修医あけで就職を探しています。仕事先はたくさんありますか?
A:もちろんございます!

しかし、歯科医院が経営が厳しい今、一概に研修医あけでなく、3年目くらいまでの歯科医師の受け入れ先が減少傾向にあり、即戦力を求める傾向にあります。

研修医あけの先生方がある程度の好条件で就職したいという希望は、叶わなくなってきているかもしれませんが、条件より、いち早く即戦力になる技術を見に付けられる、就職先を見つける事が大切かと考えます。

Q:歯科医師(勤務医)の収入はどれくらいですか?
A:研修医明けですと、約25万円/月くらいです。
歩合の場合、単純にパーセンテージで考えるよりも患者数が重要になります。
患者数次第では、パーセンテージが多いより、患者数を多く確保できている歯科医院の方が高収入となります。

歯科医師【常勤】
平均45万円/月(約25万円〜約100万以上)

歯科医師【非常勤】
平均2.3万円/日 (約1万円〜約5万円)

往診【常勤】 
平均43万円/月 (約40万円〜約50万円以上)

往診【非常勤】    
平均2.3万円/日 (約2万円〜約3万円)

【歩合給】 医院、往診勤務
  平均20% (17%〜27%)

Q:歯科医師の労働時間はどれくらいですか?
A:【勤務医常勤】
平均9時間/日 (7.5時間〜11時間) 

【往診常勤】 
平均5.5時間/日 (4時間〜10時間)

※関東地域のデータ

Q:歯科医師の求人を見ているといつも同じ歯科医院が出ています。何か問題があるのでしょうか?
A:問題があるから人が辞めてしまう場合もあるかもしれませんが、絶対数が多いとそれだけ求人も常に出さざる得ない状況もありますので、一概に
求人がいつも出ている=悪い歯科医院
とは限りません。

まず、見学に行きそこの理事長なり院長にお会いしてみるのも良いかもしれません。

Q:研修医あけでどんな所に就職すればいいか迷っています。
A:どんな歯科医師になりどんな治療をやりたいのか。
そこを明確にし、それが学べるシステムなのか、教育制度はどうなのかを実際聞いてみると良いかもしれません。

研修医あけの先生方は、収入や待遇を重要視しない方をお勧め致します。

Q:歯科医師の再就職は、何歳くらいから厳しくなりますか?
A:正直、45歳くらいから減ります。

それは、同じ医院内で働く場合には、院長より年齢が上だと採用しにくいと言う意見が多くあります。
分院など、別の場所でなら問題はないかと思われます。

60歳以上になるとかなり厳しいのが現状です。

弊社では、お時間を頂ければ、根気よくお探し致します!

Q:インプラントを覚えられる所に転職したいのですが。
A:インプラントをやられている歯科医院、医療法人はたくさんあります。
そのような就職先をご案内する事は可能です。

しかし、そこの採用側の先生は、大概おっしゃるのは
「ます、自分で勉強をし打った後に責任がとれるようになる事が大切です。」と、おっしゃいます。
ですから、転職後に経験もなくすぐ打てると思われていると「こんな筈ではなかった・・」という事になる場合もあります。

Q:どんな歯科医師が医院側から求められているのでしょうか?
A:やはり、患者さまを相手に仕事を行うので、患者さまとお話もでき、安心感を与えられる歯科医師を求められています。
あとは、ある程度の治療のスピード、一通りこなせる技術があれば就職は難しくありません。

経験が少ない先生方は、やる気とある程度の社交性があれば、問題なく就職が決まります。

Q:よく求人が出ている歯科医院(医療法人)は、よくないのですか?
A:もちろん、100%ではありませんが、成長している歯科医院は、求人が活発な傾向にあります。
医院の規模などが大きければ大きいほど、求人も必要となります。

Q:患者数がどれくらいの医院に就職するのがベストでしょう。
A:最近では、患者数が少ない歯科医院もかなり増えてきました。
少ないから楽ではないと思います。
臨床経験の質と量が歯科医師の臨床能力を高めていきます。
1日、20〜25人の患者数で年齢層をまんべんなく診る事ができる歯科医院さんが、良いかと思われます。

Q:どんな歯科医師が求められますか?
A:シンプルに言ってしまえば、
?1日20〜30人の患者様に対し、正確な治療と医療面接が行える。

?患者様、スタッフ、上司との人間関係が円滑。

?月間診療収入が300万円以上である。

このような歯科医師はどこでも求められますが、経験が少なくては、すぐには無理なので、このあたりを目指すのが良いと思われます。

Q:面接に大切な事はなんですか?
A:社会に慣れている方で、意外に見落としがちなのが、清潔感です。
服装はスーツを着ていても、髪がボサボサだったり、服が汚れていたりすると、歯科医師という職業上かなりのマイナスになります。

他には、より具体的に何がしたいか、何を学びたいか、自分は何を貢献できるかをハキハキアピールできると好印象です。

Q:訪問診療の就職先はありますか?
A:はい。多数ございます。
弊社のサイトに載っていない地域などでもネットワークでお探ししてご案内することが可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

Q:年齢はいくつくらいまで就職がありますか?
A:40代くらいまでは問題なく多数ございます。
50代はやはり比較的減ってまいります。
60代になるとかなり難しくなりますが、訪問診療などご活躍される場もございます。

歯科衛生士向け

Q:歯科衛生士にどうやったらなれますか?【学生・新卒】
A:高校卒業資格がある方が、衛生士の専門学校や大学に入学します。
期間は3年間(大学は4年)です。

入学試験は、学校によりレベルが異なります。
3年間かけて、専門的な学科と技術を学びます。
そして、国家試験を受け、合格者が歯科衛生士となります。

Q:衛生士になったらどんな仕事をするのですか?【学生・新卒】
A:歯科衛生士になったら、主な就職先は、ダントツは歯科医院、他には、歯科のある病院、保健福祉センター、企業などです。

歯科医院や病院(歯科)では、大きく分けて3つあります。

1、歯科医療補助
 歯科医師の補助をする仕事です。

2、予防処置
 虫歯や歯周病の予防の為に、フッ素を塗ったり、歯石を取ったりします。

3、歯科保健指導
 歯みがきの仕方や、食事、生活習慣などを指導する仕事です。

最近では、施設での要介護者への歯科指導や、口腔ケア、歯科医師と共に在宅でも歯科診療補助や口腔ケアも行う場合もあります。

学校で在学中にホームヘルパー2級の資格を取得する所もあります。

Q:衛生士のお給与はどれくらい?
A:【正社員】
1ヶ月 17万円〜35万円くらいです。 
平均22万円/月 

【パート・アルバイト】
時給 1,000円〜1,500円くらい 平均1.200円/h

※地域差はあると思います。

Q:衛生士の労働時間や待遇はどうなのですか?
A:現在歯科医院では、大体診療時間が、9:30〜20:00くらいで、週休2日制が一般的かと思います。
日曜や祝日も診療している所もかなり増えています。

その中で、2交代制や、シフト制などがあります。

待遇は、残念ながら、個人経営が多いので、健康保険や年金は充実してない所が多いです。
しかし、大きな医療法人などは、制度が整っている所もあります。

Q:衛生士学校の学生なのですが、歯科医院の見学はできますか?【学生・新卒】
A:その旨をきちんと伝えてからの見学は出来ます。
見学して、自分に合った就職先を見つける事は大切です!
合わないと思ったらお断りも可能ですが、いくつか絞って見学に行く事をお勧めします。

Q:求人にセミナーや講習補助と書かれていますが、それは本当に参加できるのですか?
A:歯科医院(そこの院長先生)のお考えでなどで違いはあります。
面接の時に、院長先生などに頻度や過去の参加経歴を質問してみると良いと思います。
もし、積極的に参加したければ個人的にも参加する事は可能ですよ!

Q:衛生士の就職先はどんな所がありますか?
A:歯科衛生士の就職先には、いくつかあります。

一番多いのが、個人の歯科医院(地域密着型)、歯科医院などを多く経営する医療法人、病院内の歯科などです。

中には往診がメインの歯科医院もあります。

Q:就職する時に、個人の歯科医院と大手の医療法人の違いを教えて下さい。
A:個人歯科医院と大手の医療法人のメリット、デメリットを簡単に書きます。

【個人歯科医院】
(メリット)
?地域に密着し、アットホームな雰囲気。
スタッフや患者さまの数も限られているので一人一人に合わせた診療が可能。

?自分に合った院長先生と出会うと、一緒に治療をしている充実感がある。

(デメリット)
?スタッフの人数が少ないので、有給休暇など休むとダイレクトに迷惑が掛かり、休みずらい。

?院長先生と合わない場合は、かなり辛い。

【大手医療法人】
(メリット)
?福利厚生の充実している所が多い。

?比較的、有給休暇などが取りやすい。

(デメリット)
?院長先生が代わる可能性がある。

?医療法人のやり方をきちんと守る必要がある。


※その他、個人でも大手でも往診などを行っている歯科医院も増えています。

Q:どうしたら良い就職ができますか?
A:一概に、難しいですが、
自分が衛生士でどんな仕事をしたいかを明確にし、それができるシステムのある就職先が一番かと思います。

全てを兼ね備えている所はなかなかないので、何を優先するのかを考えた上、院長先生との相性(尊敬できるなど)も大切な要因の一つです。

Q:歯科衛生士の採用の条件はどんな事ですか?
A:就職先によりまちまちですが、
経験は、あまり重要視されていないようです。

☆やる気がある方で性格が良い方。
☆周りとうまくやれる方。
☆患者さまとお話ができる方。
☆仕事の流れを見て動ける方。
☆シフトなどわがままを言わない方。

などを備えている方は、どこでも採用されます。

Q:ブランクがある歯科衛生士です。就職できるでしょうか?
A:ブランクがある事はそこまで問題にならないと思います!
ブランクよりも、やる気と、働ける時間により就職・転職は難しくないですので安心して下さい。

Q:衛生士の就活中なのですが、履歴書に自己PRや志望動機などは書いた方がいいですか?
A:書いた方がいいと思います。
はやり自分でも就職先は選びますが、相手にも選んで頂く気持ちは大切ですよね!

Q:待遇(昇給・残業・福利厚生)の良い就職先はどんなところでしょうか?
A:歯科医院は個人経営が多いので、かなりばらつきがあるのが現実です。
きちんと決まった条件で働きたい場合には、大手の医療法人が比較的明確です。

Q:子供がいて数日しか働けないのですが就職はありますか?
A:地域にも差はありますが、現在衛生士さんの求人は比較的多いので、午前中だけで2〜3日という条件は厳しいのですが、
午前中なら週5日とか、夕方5時くらいまでで週3日ならばお探しできると思いますよ!

Q:失敗しない就職は、どうすればいいでしょうか?
A:職場には、合う合わないといった事が確かにあると思います。
一番は、そこの院長先生と合うかどうか。かもしれません。
次には、そこで働くスタッフさん達と合うかどうか。
面接と同時に、実際に診療をしている時に、見学をさせてもらうのは、判断材料になると思われます。

歯科技工士向け

Q:歯科技工士ってどうしたらなれますか。【学生】
A:高校卒業資格がある人が、歯科技工士専門学校に入学します。
期間は、2年間(3年間もあります)。

入学試験は、さほど難しくはないと思います。

2年間(3年間)は、歯を作るのに必要な、専門的な学科と、実習を学びます。
そして、国家試験を受け合格者が歯科技工士となります。
国家試験の合格率は、どこの学校も100%に近いと思われます。

Q:歯科技工士の就職先には、どんな所がありますか。【新卒】
A:1、歯科技工所 2、歯科医院 3、歯科材料のメーカー他関連会社 4、技工学校講師などがあります。

Q:歯科技工所の特徴を教えてください。(就職)【新卒】
A:経営者だけで営んでいる所から、何百人もいる所もあり、
そこで歯(補綴物:銀歯や白い歯)や義歯を作り。歯科医院、もしくは、病院にそれらを納めます。

技工士の人数は、1人〜何百人もいる所がありますが、一番多いのは、1〜5人くらいまでの技工所です。
仕事をするシステムは、その技工所によって大きく異なる場合があります。
(分業制、担当制など)

Q:歯科医院(院内ラボ・併設技工所)の特徴を教えてください。(就職)【新卒】
A:歯科医院の中、もしくは、隣接している所に仕事場があり、主にその歯科医院の仕事をします。
技工士の人数は、1〜2人が一番多いでしょう。
経営者は、そこの歯科医師の場合が大部分です。

Q:歯科材料店、メーカー、他歯科関連会社の特徴を教えて下さい。(就職)【新卒】
A:歯科技工士の資格を生かしたサラリーマンです。
主に歯や義歯を作るよりそこの会社の商品を売ったり、開発、サンプル作りなど、売る為の事を行います。

その会社や配属により仕事内容は異なります。

Q:歯科技工所に就職する時の、メリット、デメリットを教えて下さい。
A:大きく分けると、歯科技工所でも分業制の技工所と、担当制の技工所があります。

担当制
【メリット】
?最初から最後まで自分で作る事により、技術を習得することが出来る。

?自分以外に教えてくれる(聞ける)先輩技工士がいる。

?色々な種類、歯科医師の仕事ができるので、たくさんの症例に対応できる技術を身につける事が可能。

?技術を身に付ければ、転職が容易。

【デメリット】
?労働時間の長い技工所が多い。

?少人数の所は福利厚生が充実していない。

?一人の責任が大きいので休みが取りにくい。

分業制
【メリット】
?担当制に比べると、労働時間はそこまで長くない。

?規模が大きな技工所ならば、福利厚生の充実している所が多い。

?分業制なので休みは比較的とりやすい。

【デメリット】
?分業して技工を行うので、一通りの技術が覚えられなくなる場合が多い。

?そこを辞めてしまうと、技工士として他に就職しずらくなる場合がある。

Q:歯科医院(院内ラボ・併設ラボ)のメリット、デメリットを教えてください。
A:【メリット】
? 患者さんの口の中を直接見る事ができる。

? 技工所よりは労働時間が短い場合が多い。

【デメリット】
? 技工士が自分だけの場合、教えてくれる技工士(聞ける技工士)がいない所が多い。

? そこの院長が廃院した場合、次の就職先を見つけるのが厳しい。

? 女性技工士の場合、歯科助手兼、技工士を求められる場合もある。(確認が必要です。)

Q:開業したいのですが、卒業してすぐにできますか?
A:技工士の資格を得たからといって直ぐに上手な物を作れる訳ではありません。

開業することが無理とは言いませんが、存続していく可能性は、ほぼ無いでしょう。

歯医者さんだって、上手な技工士に作って貰いたいですよね?
技術がない技工士にお金は払わないでしょう。

Q:どのくらいで歯科技工所を開業できますか?
A:人により、技術を習得する時間が違いますので、一概に言えませんが、一通り上手に失敗することなく作れ、数を上げられ、
歯医者さんや患者さんに「上手だ!それにお金を払いたい!」と、
思って貰った時だと思います。
最低でも5〜7年以上は掛かるかと思います。

あと、営業力も磨かねばなりませんよね。

Q:歯科技工士の給与はどれくらいですか。
A:現在の技工士の新卒者の平均は、月給15〜18万円くらいかと思います。

技術がどれくらいで上手になるかと、会社の形態にもよります。

例えば1つ¥1,000 のインレーを一日に3個しか作れないと、一日に¥3,000ですよね?
1ヶ月(23日)にすると、月に¥69,000しか売り上げません。
そこに材料費、会社の経費(家賃とか、光熱費とか)を引きますと、
技工士の給与は、売上の40〜45%が相当だと言われています。
ですので、できるだけ早く上手な物をたくさん上げられるようになればお給与は上がります。

経験10年くらいですと月50万円も可能です。

Q:どうしたら良い就職ができますか。
A:1、まずは、どんな技工士になりたいか具体的に考えましょう。

2、どこが自分にとって働く上で一番大切で、こうなりたいのかを考えてみましょう。
もし、それが分からなければどれが自分にとって嫌なのかでもOKです。
全てを兼ね備えている職場はない!と思って下さいね。

3、余程、帰宅時間が早くないと技工士にとっての通勤は、とても大変です。
できるだけ近くがいいでしょう。

4、面接に行ったときに、自分にとって一番重要な事が可能なのかを聞きましょう。

Q:歯科技工士はいくつ(何歳)くらいまで転職が可能ですか?
A:一概に言えませんが、採用側が求める多くは、35歳くらいまでかと思われます。
40歳を越すとかなり再就職が難しくなりますが、決して不可能ではありません。

Q:何故、年齢が高いと再就職が難しいのですか?
A:その理由には、
☆考えが固まってしまっていて会社の方針を守ってくれない。

☆技工のやり方を合わせてくれない。

☆給与や条件をたくさん求める。

などですが、そこをクリアーできる事をアプローチすれば不可能ではありません。

歯科助手向け

Q:歯科助手にはどうやってなるのですか?
A:歯科医院の中で白衣を着てお仕事をしている歯科助手さん達を見かけますね。

実は、見た目では、判断が難しいのですが、『歯科衛生士』と『歯科助手』がおります。

経験がなく、専門の学校などを卒業していなくても歯科助手になる事ができます。
採用されればあなたも歯科助手です。

Q:歯科助手に資格はいるのですか?
A:歯科助手とは、歯科医院などで一般的な雑務を行う者のことで、資格や法律などで特に定義、分類されてはおりません。
ですので、歯科助手という仕事は、特に資格は必要としません。

初めて歯科助手の仕事をする時に、診療室内では、専門用語がたくさん飛び交います。
最初は、何言ってるのかを全く理解できないと思いますのでそういう時や、治療の流れを把握する。などに、
歯科助手講座は役立つかと思いますが、
これを受けないと歯科助手の仕事ができない訳ではありませんし、受けたからといって残念ながら就職の有利になるという事でもありません。

基本的に歯科助手は、医療行為を行ってはいけない事になっています。
(患者様の口の中に触れたり、医療行為は行えない。という法律はあります。)

ここに歯科衛生士との違いがあります。
衛生士には国家資格が必要です。

Q:歯科助手のお給与はどれくらいですか?
A:月収140,000円 〜 190,000円(経験などにより差があります)
時給なら 800円 〜 900円 

くらいでしょうか。

※地域により差もあります。

Q:歯科助手は、どんな仕事をするのですか?
A:業務内容としては、主に器具の清掃・準備、患者の介添、石膏などの練和、受付などです。

患者様の気持ちをやわらげたり、歯科医師さん達が、円滑に治療ができるようにする為に大切な仕事ですね。
知識が備われば、歯科医師のもとで説明などもします。

受付業務は、予約の取り方の知識や、コンピューターの扱いも必要となります。

歯科助手や受付は、資格は、ないですが、歯科医院にとっては、欠かせない存在であると思います。
笑顔一つ、患者さまへの接し方一つで、歯科医院の雰囲気が良くもなり、悪くもなります。

楽しみながら、プロフェッショナルを目指しましょう

Q:歯科助手の採用基準は何ですか?
A:経験を求められる歯科医院とそうでない歯科医院があります。
これは、一概にどちらが多いかというとそこまで差がないように思えます。

重要な事は、患者さんに安心感を与える事ができる方や、テキパキ動ける方が求められます。

1、素直さ。
2、見た目(派手過ぎは×)。
3、次の事を考え行動できる。
4、落ち着いた話し方。(ゆっくり落ち着いた口調)
5、真面目さ。(すぐ休んだりしない)
6、誠実さ。(シフトなどわがままを言わない)
7、年齢や雰囲気がその医院に合っている事

などかと思われます。

Q:歯科助手で働きたいのですが、なかなか採用されません。
A:まず、見た目も大切です。

患者さまのに安心感を与えられる話し方や、服装、髪型をしているかどうか?
華美なメイク、伸ばした爪は、歯科助手に向かないと判断されてしまいます。

それがクリアできてその次に大切な事は、素直さや真面目さ、わがままを言わない事などです。

「早く帰りたい。」「日曜は出られない」といった条件では、就職は難しくなります。

Q:歯科助手では何歳くらいまで働けますか?
A:退社せずに続けていれば、かなり高年齢まで仕事はできます。
しかし、途中で辞めて他に移るには、35歳を過ぎるとかなり就職は難しくなる傾向にあります。
医院のスタッフが全体的に年齢層が高ければ、40歳くらいまで採用もあります。

Q:歯科助手になりたいのですが、就職状況はどうですか?
A:現在、歯科の中でも就職が一番厳しいのが歯科助手です。
なぜならば、資格がいらないので応募する方がとても多いので競争率が高いのです。
経験者で、時間制限のない方は比較的すぐに就職が見つかりますが、
時間や曜日制限がある方は、希望の職場は見つかりにくい傾向にあります。

Q:面接の時の服装はどんな物が良いでしょうか?
A:リクルートスーツであれば一番良いと思います。

もし、持っていない場合は、派手でないブラウスにスカートなどだと思います。
色は最小限に抑え、さわやかな印象を与えられる物を選びましょう。
デニム、ミニスカートはNGです。

Q:面接で大切な事はどんな事ですか?
A:基本的な事ですが、面接に遅刻をせず、服装(デニムはNG)とメイクは、華美(派手)にならないようにすると良いでしょう。
長すぎる爪も×です。

印象を良くには、相手の目を見てハキハキと返事をすること。最後に採用されたい事をアピールできれば尚、良いですね!
そして、「ありがとうございました。」を忘れずに。

Q:歯科助手の通信教育を受けていた方が、就職に有利ですか?
A:歯科衛生士さんの資格は、確実に有利ですが、
CMなどの【歯科助手資格】は、民間の資格ですので、残念ながら採用側からは、入社時に重要視されないのが現実です。
ただし、歯科助手を初めてから専門用語を覚えるという意味では、無意味ではないと思います。

求職者全般

Q:面接を受ける時に大切な事は?
A:1、やはり服装です。スーツなどが無難です。
ジーンズ、ジャンパーなどは避けましょう。

2、清潔感!実は、意外に見落としがちです。
髪は、さっぱりと、服装に染みや汚れがないか。爪は清潔に整えられているかなど。
特に経験を積まれている方が忘れがちです。

3、椅子に座る時に深く座り過ぎない。
背もたれなどを使うと偉そうに見えてしまいます。

4、あいさつやハキハキとした返事。
緊張のあまり声が小さくなってしまう場合も多くみられます。
患者さまに対しての感じ良さなども面接時の対応で判断させる場合が多いです。

5、履歴書
字が上手い下手ではなく、できるだけ綺麗に心掛け書いた履歴書は、受け取る側にも伝わります。
履歴書の中でも採用側に興味がある事やできる事を書き込むももっとGood☆

6、アピール
その就職先へ入社したら何がしたいか、(覚えたいか)どんな歯科医師・衛生士・技工士・助手を目指しているのか、今の自分が貢献できる事が伝えられるとかなり好印象でしょう。


7、終わり良ければ全て良し?!
最後も大切です。
「本日はお時間を頂きありがとうございました。宜しくお願い致します。」
など、一礼できればパーフェクト!

Q:求人が出ていない歯科医院(技工所)で興味がある所があります。相談にのってくれますか?
A:もちろん、可能です。
弊社では、そのような方々に代わりその希望する就職先にご連絡させて頂き、面接(見学)を取り付けることも行っておりますので、遠慮なくおっしゃってください!

Q:いくつか見学をしてから面接をしたいのですが可能ですか?
A:もちろん可能です!

その為の紹介会社と思って下さい。
面接や見学に行ったからといい、そこで決める必要はありません。
双方の意見が一致した場合に初めて就職となります。
お断りしたい場合は、弊社でしますので安心してくださいね!

e-job歯科助手☆OPEN!

歯科助手の求人をお探しの方はこちらのサイトをご覧ください♪

求人情報検索

『e-job』e子のブログ

歯歯歯の日常
日常生活から歯科業界の情報まで……お気軽に訪問して下さい♪

携帯サイトのご案内

こちらe-job 携帯サイトもご利用下さい。いつでもどこでも求人情報検索・歯科人材登録ができます!

QRコード
QRコード

スマートフォン対応

こちらe-job スマートフォン向けサイトもご利用下さい。iPhone、Androidに対応しております!

RSSのご案内

RSSで新着情報をご案内してます。RSSリーダーなどでご利用ください。
RSS